« マグロ船29(またまた痛い~いの) | トップページ | マグロ船31 »

マグロ船30

今日は大変な事件が起きました。あんちゃんがベットで寝ていると、突然カーテンがあき、すごい形相で片手に出刃包丁を持ち、先輩が立っていました・・。お前はだれだ~?先輩の一人が泥酔の状態できました。お、俺ですよ!今にも出刃包丁で突き刺されるかと思い必死に応えました。皆は何処行った~。皆もねていると思い、見渡しましたが誰もいません。先輩のストレスが一線を越えたのでしょう、ビノと呼ばれるワイン3ℓのビンが空になっていました。やはり仕事に耐えられず、強制送還を狙ったのでしょう。皆と飲んでるうちに口論となり、刃物さわぎになったようです。アンチャンのベットに来た時には皆は船首にある倉庫に逃げ込み、内からカギをかけて隠れていました。幸い中の良い先輩だったので、あんちゃんは助かりました。しかしもう少し先輩が泥酔してたら・・・アンチャンが強制送還になるところでした。その後先輩は飲み過ぎて倒れてしまいました。気がついたときには何も覚えていませんでした。それでもやはり強制送還になりました。24名-2名 これで22名になりました。相変わらずエテコウとブチは元気です・・。

|

« マグロ船29(またまた痛い~いの) | トップページ | マグロ船31 »

健坊のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。