« マグロ船27(出航) | トップページ | マグロ船29(またまた痛い~いの) »

マグロ船28 (船上のペット)

新しい仲間、エテコウとブチは人間と同じで最初は船酔いしました。出港してから2時間くらいで元気が無くなり、食欲もありません。2匹揃って座り込み、目だけがキョロキョロ動いています。しかしアンチャンと同じ様に1日で船酔いを克服しました。
2匹同じロープに繋がれ、あっち行ったりこっち行ったり絡まったり、見ていてあきません。最初は戸惑っていたようですが、3日くらいで仲良くなり、楽しそうに遊ぶようになりました。夜になるとエテコウは局長の部屋で寝ます。これがまた、しつけをするまでが大変。悪さをして怒られると、ギャーギャー泣きながらウンコをもらして逃げまくります。それでまた局長に怒られてしまいます。
アンチャンも切れた事があります。大きなサメが上がり、丁寧にあごの剥製を作りようやく出来上がって、乾燥させていたら、エテコウとブチが・・・コリャー・・何カジッテンの。すでにサメの歯はボロボロになっていました。局長が居ないことを確認してからキツーイお仕置きをしてやりました。アンチャンの作品が・・・とんでもないやつらだ。

|

« マグロ船27(出航) | トップページ | マグロ船29(またまた痛い~いの) »

健坊のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。